フロアコーティングにはいろいろな種類がありますが、最も価格が安いのがアクリルです。
その分耐久年数が5~6年と低めですが、ケアはしやすく、使ってみやすいものの一つです。

アクリルの長所は、まず光沢感です。

光沢の強さが特徴の他のコーティングと比較しても決して劣りません。

さらにメンテナンスのしやすさがあります。


もし仮に直したいところが出てきても原状回復力はあらゆるフロアコーティングの中でも最もすぐれています。

埼玉のフロアコーティングについて調べるなら、こちらをご覧ください。

一度コーティングしたら20年は大丈夫という材料に比べますと耐久が短いと言いましても、普段から気をつけたり、回復力を頼りにこまめにケアして使い続けようという人には合っている材料と言えます。


また、アクリルは伸縮力にもすぐれています。

この長所を生かして最初にコーティングできます。
たいへん使いやすいものの一つと言えます。



アクリルの苦手なのが水分、湿気です。

なので頻繁に水を使うところには向いていません。

特に防カビ性はコーティングの種類の中で最も不得意とされています。

朝日新聞デジタルのホームページをチェックしましょう。

日頃からアクリルコーティングの場所には日光を当てるなど、気をつけておくといいです。

最初のコーティングの際に、どうしても継ぎ目ができてしまいますが、そういうところから湿気が入り、フロアコーティング全体に影響してしまいますので、特に注意します。


フロアコーティング材の中でアクリルは価格の点で最も使いやすいですから、そのメリットを最重視する人には格好の材料と言えます。