フロアコーティングには主に4つの種類があり、それぞれの特徴を見てコーティング剤を選択することになります。

フロアコーティングで最近多くなっているのがUV加工するものになります。

埼玉のフロアコーティングについて詳しく知りたいならこちらです。

耐久年数も長く、コーティングしてすぐに入居が可能であり、耐水性や耐薬品性にも優れています。

特殊な機材を使用しますので施行価格が高く、塗り直しができないというデメリットもあります。



一般的に使われることが多いシリコンのフロアコーティングは柔軟性が高いですから塗り直しもやり易く撥水性が高いです。

滑りづらく使用しやすい素材でもあります。

産経ニュースの詳細はこちらで簡単に調べられます。

ウレタン樹脂によるフロアコーティングは他の素材よりも耐久年数が短いです。


しかし、摩擦や薬品に強く、仕上がりがとても温もりがあるものでツヤも素晴らしく光沢が綺麗ですし、価格もそれほど高くありません。耐久年数だけではなく水生のウレタンを使用した場合はペットのアンモニアや除光液に弱いといったデメリットもあります。

最後にガラスによるフロアコーティングは最先端の技術を使用していますので高価になりますが、目立ったデメリットはありません。

耐屈曲性が高く収縮ゆ膨張にも対応できクッションフロアにも施行することが可能であり、酸化の影響もないですし紫外線にも強いです。

光沢を出すためにコーティングする方もいますがツヤ無しのコーティングができるというのも特徴的です。


このように4つの素材の種類がありますので、それぞれの特徴を把握しておくと良いでしょう。